上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不定期でありますが「なんばの家づくり」

私の事、会社の事、私たちの家づくりに対する想いを書き綴っています。

今日で3回目。

1回目、2回目をお読みでない方は少し前に戻ってお読みください。




今日はもう少し家づくり(ハード)的なことを・・・

木に携わる仕事をして70年近く。。。

木の良さ、悪さをお伝えする家づくり。




木は自然の土や水、太陽の下で育ちます。

野菜や果物と同じですね。

木は食べるわけにはいきませんが、

接着剤で加工された集成材はやっぱり使いたくありません。

集成材は無垢の木より強いといううたい文句もありますが、

例え東海地震が来ても現行の建築基準法上で作られた建物であれば

全倒壊することはほぼあり得ません。




床材でも同じことですが・・・

本物の無垢の床と、接着剤で張り合わせた合板の床とどちらがいいか?

これは住まい手であるお客様の主観によって決めれば良いのですが・・・。




例えば先に出た、野菜や果物。

小さなお子さんに食べさせたいのはどっち?

①無農薬野菜 ②農薬漬けの野菜

もちろん〇〇〇〇〇ですよね。




新築の家に入ると目がショボショボする。匂いがツーンとする。

喉に違和感を感じる。

こんなことはありませんか?

これらはほぼ接着剤の影響です。

シックハウスに対する接着剤の規制は法律で定められていますが、

それでも本物の木を使った家と、接着剤を多く使った家とは明らかに異なります。

弊社の造った家にお越しいただければ納得できるはずです。




でも・・・

予算がないし・・・。

こんなお声を聴くことがあります。

弊社の住まいも接着材をゼロにすることは難しく、

特に壁や天井すべて塗り壁にはなかなかできませんよね!




つづきはまた今度。。。




なんば
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanbahome.blog129.fc2.com/tb.php/387-8bd1953c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。